【CEDEC2021】CRIの講演情報


こんにちは!広報のしまもりです。

いよいよ来週に迫ったCEDEC2021。
CRIはオンラインブース展示のほか、セッションも行います。

今回はCRI社員が登壇するセッションを紹介します!

8月24日(火) 11:20 〜 12:20
コード(Chord)を表示するために、山ほどコード(Code)を書いた件 -より高度な和音解析と楽譜化そして音ゲーへの応用について-
https://cedec.cesa.or.jp/2021/session/detail/s601754a8a8aa2

初日のセッションは2本。1本目は「CRI BEATWIZ」開発者である増野から、
人生をかけて研究してきた楽曲解析についての最新情報を発表します!
先日電子情報通信学会・応用音響研究会(EA)にも招待され、
発表を行った本技術からの最新情報をお届けします。
8月24日(火) 17:30 〜 18:30
『スマホ音楽ゲームが変わる!楽器レベルの低遅延再生への挑戦』
https://cedec.cesa.or.jp/2021/session/detail/s60636c16c7e07

2本目は低遅延再生技術に関する発表です。
CRI社長押見と、開発担当の大町、郷原より発表いたします。
リズムゲームのみならず、スマートフォンにおける様々なタイトルの操作性を向上できる技術ですので、
ぜひご興味ある方はご視聴ください!
8月25日(水) 13:30 〜 14:30
プリレンダームービーでのキャラクター切替への挑戦
https://cedec.cesa.or.jp/2021/session/detail/s605dd439f41e2

2021年3月に発売された「バランワンダーワールド(スクウェア・エニックス)」をもとに、
ユーザー選択による組み合わせムービーをいかに画質を落とさず低容量化を実現したか、を発表します。
CRIとしては、久しぶりのムービー関連技術のお話になります。
なお、オンラインブースでは本技術を使って「バランワンダーワールド」内でどのようなムービーが流れたか、
ムービーへのリンクも貼っておりますので、ぜひ覗いてみてください♪
8月26日(木) 17:30 〜 18:30
『SCARLET NEXUS』サウンドトーク
https://cedec.cesa.or.jp/2021/session/detail/s60c8395ec38d5

2021年に発売された『SCARLET NEXUS』では、CRIWAREが採用されています。
今回はサウンドディレクション担当であるバンダイナムコスタジオ様、
実装担当であるトーセ様をお招きし、『SCARLET NEXUS』におけるインタラクティブなサウンド表現手法、
UE4での実際の実装方法についてお話をお伺いします。
最終日の最終セッション、しかもYouTube配信もありますので、ぜひ奮ってご視聴いただけばと思います!

・・・と、CRIとしては多めの4本!登壇することになりました。
いずれもCEDEC参加パスを持っているかたはリアルタイム・タイムシフト配信でご覧いただけます。

最後の「『SCARLET NEXUS』サウンドトーク」のみ、YouTube配信&後日アーカイブも残りますので、
ぜひご都合良いタイミングでご連いただければと思います!

それでは、来週をお楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です