ADX2の機能を解説した書籍「Unityサウンド エキスパート養成講座」が発売されます


2019年8月下旬、株式会社ボーンデジタル様より書籍「Unityサウンド エキスパート養成講座」が発売されます。

本書は、Unityにおいてのアプリ開発におけるサウンドの「実装」について解説した書籍です。個人ゲーム開発者から会社にお勤めのプロまで使える、ゲームサウンド実装の決定版書籍です。

写真からわかるように、かなり厚い本です。392ページあります。
前半はUnityの標準機能(Unity Audio)を使った機能開発の話です。
後ろ半分は、CRI ADX2の解説を行っています。

ADX2の導入を検討している方は、この「4章」からいきなり読み始めても大丈夫です。

真っ先にUnityのプロジェクトにSDKを導入して最速で音を鳴らすまでの手順と、「Android端末むけの低遅延再生モード」「イントロ付きループ再生」などの目玉となる機能の実装を紹介しています。

その後は、サンプルゲームを使いながら具体的なゲームの演出ベースでADX2とAtom Craftの設定について詳細に解説しています。

サンプルゲームは、カード系の2Dモバイルゲームを模しています。

本書は無償版の「ADX2 LE」をベースにかかれていますが、ADX2の導入を進めている開発会社さまにもお役立ていただける情報が満載です。ぜひ、お買い求めいただければと思います。

書籍の公式サイトはこちら。

https://www.borndigital.co.jp/book/15163.html

Amazonはこちらから。

https://www.amazon.co.jp/dp/4862464548

なお、秋葉原の書店「書泉ブックタワー」では、先週末から先行販売を開始しております。
お近くの方はぜひお買い求めください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です