【CRI】ADX2編集ツール新機能、ウェーブフォームリージョンの編集について【Atom Craft ver.3.41】


ついに! 念願の!

波形の (再生範囲の) 編集ができるようになりました!

90秒でわかる、できること

今まで波形データを何かしら編集したいとき、外部の波形編集ソフトを使う必要があったのですが、ちょっとした切り貼り、トリミングであればAtom Craft上で可能になりました。

操作マニュアル

【ADX2_ツールマニュアル】 タイムラインでのウェーブフォームリージョン編集


便利な使いみち例

ボイスの間の調整

動画の通りです。

ADX2上での効果音作り

波形の一部を素材として利用して別の音を作る際、今まではボリュームのオートメーションを書いたりする必要がありました。

インタラクティブミュージック向け

ブロック再生機能などを利用する際、1曲を幾つものブロックサイズの波形に切り分けてからAtomCraftに登録する必要がありましたが、1曲丸ごとを登録してリージョンを分割して並べることで、楽曲差し替えの際の手間が大幅に短縮可能になりました。
波形を切る必要もなければ、同じファイル名でマテリアルを上書きするだけで済みます。


よくある質問

登録したデータへの影響は?

ありません。再生範囲の情報のみを変更します。

同じ波形から複数のリージョンを作った場合、ビルドデータは増える?減る?

再生位置情報が違うリージョンはそれぞれ別のバイナリデータとして書き出されます。
それぞれのリージョンに重複した部分があればビルド後のデータ量は増えます。
重複部分が存在せず、分割後に短くトリミングした場合はデータ量は減ります。


開発終盤など、データを登録したものの少しの修正で済むのに別の波形編集ツールに戻る時間がもったいない…という事はよくあると思います。ぜひ、ご利用ください!


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です