オススメの音声波形ファイルビューア「Solv」


CRI開発のさくらいです。

音声波形ファイルビューア「Solv」というツールをご存じですか?
昨年末リリースのADX2 SDKから、オーディオユーティリティとして新規に収録しているツールです。(※LEユーザーの皆さんは、今後のアップデートをお待ちください。)

 

音声ファイルのチェックの際に発生する、
「内容とファイル名は一致しているか?」
「チャネル数やサンプリングレートは正しいか?」
など、目に見えない情報の確認作業・・・
音声を聞くのに毎回MediaPlayerが立ち上がっていては大変ですよね。

 

ファイルエクスプローラ感覚で、簡単に一覧表示して再生もできたら便利なのに、
と思うことも多いかと思います。
そんな声にお応えして、音声ファイルのビューアソフトの提供を開始しました。

 

「Solv」の利用は製品版ADX2のダウンロードアカウントをお持ちの方であれば無償です。
サウンドデザイナーだけでなく、プログラマやプランナーにもとても便利なツールになっていますので、
社内でどんどん紹介してください!

 

軽く特徴をご紹介。
・Windows/Mac 両対応
・波形ビジュアル、各種パラメータ、ラウンドネス値などをリスト表示
・波形の途中から再生も可能(長尺のセリフや音楽のお供に)
・大量にファイルがあってもさくさく操作可能(最初にキャッシュを作ります)
・自動で連続再生する機能あり

 

■紹介動画(※動画の右下にミュート解除ボタンあり)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です