GTMFの楽しみ方【イベント紹介】


川口です。こういうイベントってセッション内容が一番気になる方が多いんじゃないかと思いますが、こんな面もあるんだよ!という個人的な紹介です。

申し訳程度のイベント情報
入場無料のゲーム向けのツール&ミドルウェアの展示会、セッション、ライトニングトークなど。
弊社、CRI・ミドルウェアは以前からスポンサーでしたが、今年から運営委員会の一員となりました(@PRESSのページへジャンプします)

詳細は公式を見てください
https://gtmf.jp/2018/

GTMF 個人的な楽しみ方

セッション以外に展示ライトニングトークSMILES(学校・研究室見本市)も面白いものです。
どれも現地に行かないと実感しにくいので参加してみよう!


展示ブース

既に業界に居てツールをバリバリ利用している方々にとっては、新しい情報やより便利な使い方などを知る良い機会だと思います。

業界を目指している方々にとっては、現場で使われているツールを作った人たちから直接いろんな情報を手に入れたり、各種ツールがどのゲームエンジンで使われているとか、どんなゲームやアプリで使われているのかを観察する事で、業界の動向を垣間見たりできるやはり大事な機会だと思います。


ライトニングトーク


現場の苦労話ツールを使って上手くいった話が多くあって勇気をもらえます。
時間になるとアナウンスもあるし人だかりもできるので、適当に近寄ってみましょう。きっと面白い話が聞けます。


SMILES

ゲーム開発への活用が期待できる技術・ソフトウェアなどを開発する「学生・専門学校・大学・研究室」による展示があります。意欲的な作品も多く、何かしら刺激をもらえるのではないでしょうか。


気軽に参加してみよう!


何しろ入場無料なので、なんとなく寄ってみてる、なんてのもアリだと思います。
BreakTimeにはフリードリンクもあったりして、談笑している人も多く見られます。

話し相手が居ないよー! って方も東京会場なら川口(@CRI_kawaguchi)が一日中おりますので気軽にお声がけください。

ちょっとだけ宣伝

弊社のセッション内容

スマホもゲーム機も!CRIWARE×UE4 最新機能紹介


近年、Unreal Engine 4とCRIWAREを組合わせて使用されるケースが増えてきています。オーディオミドルウェア「CRI ADX2」およびムービーミドルウェア「CRI Sofdec2」をUnreal Engine 4に組み込んで使う方法や便利な使い方について、主にプログラマ向けに解説します。また、スマートフォン向けの機能や、最新のCRIWAREの機能についても紹介します。


という感じでUE4押しに見えますが、弊社はUnityもスマホもブラウザもゲーム機も全部やっているので、プラットフォームやゲームエンジンに関わらず気軽にご相談いただければ。

そんな感じで、7月13日(金)は秋葉原で僕と握手!


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です