中級編.18 / バスマップ


前項(17/DSPバス設定)で設定したDSPバスへ、各種キューの音を送る手段について。

キュー設定用バスマップとは?

ADX2は最大で64本のバスを作る事ができ、1つのキューはそのうち任意の8本(Master1本とBUS7本)までを同時に扱う事ができます。
どの8本のバスを使うかを決める機能をバスマップと呼びます。

AISAC、オートメーション用バスマップとは?

文字通り、AISAC(上級編で紹介予定)や、オートメーション(チュートリアル13)で扱う事ができるバスマップで、プロジェクト内に1つだけ存在します。

カスタムバスマップとは?


キュー固有のバスマップです。同様の設定を他のキューで使い回したい場合は前述のキュー設定用バスマップをお使いくださいませ。

中級編.19 / リバーブ
中級編.17 / DSPバス(ミキサー)とエフェクトの追加
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です