中級編.20 / セレクタ


セレクタ、セレクタラベルを用意する

1つのセレクタが複数のセレクタラベルを持っています。作り方はカテゴリ同様、プロジェクトツリー上の右クリックメニューから選択します。上記例では楽曲の切り替え用、足音の変更用にそれぞれラベルを用意してあります。

指定したセレクタラベルによって違う音が鳴るキュー

地面の素材による足音の変更例

キューシートから新しい「スイッチ」キューを作り複数のトラックを用意し、トラックごとにセレクタラベルを選択していきます。

上記例のプレビューについて

セレクタラベルを選択する度に、タイムライン上で再生されるトラック(緑色に発光するトラック)が切り替わる様子がわかります。

Tips

セレクタによるトラック遷移機能の紹介

詳細は後日、別ページにて。楽曲のインタラクティブな変更例

中級編.21 / アクション機能
中級編.19 / リバーブ
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です