初級編.08 / ランダム再生


ランダム再生をしたい状況とは

リアクションが複数あるキャラクター」とか
同じ音が繰り返し鳴ると単調な感じがしてしまう「足音」とか「銃声」とかに使われる事が多くあります。

一つのキューを呼び出す度に、登録された音のどれかが鳴るシステムです。

上記GIFでやっていること:キューシート上での右クリックメニューから「キューの作成」 -> 「ランダム」を選びCue_0という名のランダムキューを作成。マテリアルツリーから5ファイルを選択してCue_0にD&Dで完成。最後にメニューを見せているのは、ここでキューの種類を変えられますよ、ってことで。

ランダムノーリピートとは

キューのランダム再生には2タイプあります。
ランダムノーリピートの場合は直前に鳴らした音を、次回のランダム抽選から外します。つまり、2回続けて同じ音が選ばれる事はありません。逆に、ランダムの場合は2回以上続けて同じ音が鳴る可能性があります。用途によって使い分けてください。

この機能による主なメリット

・プログラマーは単一のキューを呼ぶだけでよい
・トラック数を増減させることで、ランダム候補の増減が容易なこと(制作中に仕様変更はよくある)
・各トラックの呼ばれる確率(ランダムの重み)を手軽に調整できる

画面レイアウトを[3.パラメータ編集]に切り替えたあと、インスペクター表示タブのランダムを選択。インスペクターのリストメニューを消し、5種類のランダム比率をマウスドラッグ(上下)で変更した様子。この場合最初と最後の音は頻繁に呼ばれ、間の3つの再生確率が低くなります。数値を直接変更することも可能です

初級編.09 / キューリミット、プライオリティ、多重再生禁止時間
初級編.07 / タイミング調整
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です