上級編.24 / AISAC インタラクティブSE(歓声)デモ


AISACとは

ADX2 用語集 AISAC( 本サイト内)

AISACの追加と編集

上記例ではトラックに対してボリュームコントロール用のAISACを作成しています。キューの上で右クリックメニューを出せばキューに対して(全トラックに対して)掛かるAISACができます。AISACリスト上で編集したいAISACを選び、黄色い線上をクリックしてポイントを追加。ボリューム変化を作っています。その後、同じトラックに対してピッチ変更用AISACを作り、折れ線の形状をカーブに変更、カーブの中央に現れたポイントを上下にドラッグしてカーブの強さを変更しています。

歓声デモについて

再生ボタンをクリックすると歓声のSEが再生され、スライダーを左右へ動かす事でリアルタイムに盛り上がり具合の様子を演出する事が可能です。

上記デモのデータについて

上記デモでは、3種類の歓声がループで鳴り続けていて、AISACで音量バランスやピッチを変更して盛り上がり具合を演出しています。中央下部分にあるカラフルな折れ線グラフが、音の変化を表していて、左右に動かしているスライダーが上記デモのスライダーに当たります。

Tips

複数のAISACコントロールを使う


より複雑な演出を行う事が可能です。

上級編.25 / ブロック再生
中級編.23 / REACT ダッキング
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です