中級編.21 / アクション機能


キューやカテゴリに干渉できる

指定したキューやカテゴリに様々なアクションを掛ける事ができます。
・キューのタイムライン上でアクショントラックを作り
・アクショントラック上にターゲットとなるキュー、カテゴリをD&Dする
・アクショントラック上にアクションを追加する

例えば特定の効果音を鳴らす際に楽曲を「再生開始する」「停止する」「一時停止する」「再開する」「セレクタを切り替える」「ミュート、ミュート解除する」「ボリュームを変更する」「ピッチを変更する」といった演出が可能です。

Tips

アクションのみのキューが作れる

音を鳴らさずにアクションを行うだけのキューは様々な場面で重宝します。制作の早い段階で様々なシーンで演出用のトリガーとしてキューを呼び出すような設計になっていれば、AtomCraft側だけでもかなり細かい演出を作り込んでいく事が可能です。
特にセレクタ変更などは足音や攻撃音などが複数種類ある場合の切り替えに重宝するでしょう。

中級編.22 / ボイスビヘイビア
中級編.20 / セレクタ
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です