中級編.19 / リバーブ


風呂場や洞窟内の演出に

残響エフェクトをリバーブと呼びます。DSPバス(チュートリアル17)の設定画面からI3DL2リバーブを選択します。

残響エフェクトをMasterOutに掛けてしまうと、響かせたくない音(楽曲とか)まで響いてしまうので一般的にはいずれかのBUSに掛けます。

BUSのセンド先を確認しよう

BUSの出力がMasterOutに送られていないと音が鳴りません。注意しましょう。

設定難しくない?

かなりパラメータが多いので、これを全て設定していくのは大変です。とにかくプリセットを頼りましょう。近いイメージのものを見つけてから、少しずつパラメータをいじって変化を確認し、イメージに近付けていきましょう。

中級編.20 / アクション機能
中級編.18 / バスマップ
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です