中級編.16 / 自動繰り返し、再生タイミングランダム


波形の自動繰り返し

キューにマテリアルを登録した際にできるウェーブフォームリージョンには、自動繰り返しの設定があり、インスペクターで設定します。

再生時刻、再生タイミングランダム、自動繰り返し間隔の単位はmsecです。繰り返し回数は-1を設定すると無限に繰り返すようになります。

上記は3種類の水滴の音を自動繰り返しで配置し、水滴がしたたる洞窟内といった環境音を作ろうとしているところ

キューの自動繰り返し

キューに繰り返しの設定はありませんが、キューリンク(キューの再生時に別のキューを再生する機能)にはあります。

以下のようにリンク先のキューをランダム再生に設定しておけば、キューリンクに指定した自動繰り返しのタイミングでいずれかの音が再生されます。


再生タイミングランダム

ガヤや環境音などを演出する際に同じ音を等間隔で繰り返すのではなく、毎回少し違うバリエーションを持たせた方が個性を出しやすく飽きにくいため、繰り返しのタイミングを前後にずらす幅を設けてみましょう。

ここでは割愛しますが、キューのピッチやボリューム、パンのランダムと共に、再生確率を100%未満にする事でさらにバリエーションに富んだ音を手軽にデザインする事が可能です


中級編.17 / DSPバス(ミキサー)とエフェクトの追加
初級編.15 / エンベローブ
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です