入門編.05 / ゲームに組み込むデータを書き出す(ビルドする)


データを書き出す

ビルドメニューのAtomキューシートバイナリのビルドを選択。
ターゲットはコンシューマー機向けでない限り、PCのみで問題ありません。LEをお使いの方はPublicで問題ありません。言語は特に設定していなければ、そもそも選択肢が出ません。
右端のキューシートのチェックボックスで書き出したいデータを選択し、ビルドボタンを押せばデータ精製を開始します。

プログラマーに渡すデータについて

上記のGIFアニメのような設定で書き出すと、以下のようなフォルダ構成でファイルが書き出されます。そのうちゲームエンジンなどに実際に組み込む必要があるデータは、拡張子がacf、acb、awbの3種類。下図の場合は赤いラインの4ファイルです。


以上で入門編は終わりです、おつかれさまでした。
UnityやUE4に組み込んで音を鳴らす部分については追って公開予定です。

初級編.06 / ボリュームの一括設定(近日公開予定)
入門編.04 / ループの設定
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です