入門編.02 / 圧縮設定、ストリーミング再生設定


圧縮の設定

  1. マテリアルツリーのフォルダ以下の全ファイルに対し共通の設定をするため、マテリアルルートフォルダを選択する
  2. 子リストのストリーミングタイプ、エンコーディングタイプ、エンコード品質をプルダウンメニューから適宜変更する
  3. フォルダ別の一括設定の他に、フォルダ以下のファイル毎に個別の設定もできる

フォルダ以下に対して一括で設定が可能。大抵の場合BGM系はストリーミング、Jingle系はタイミングが重要であればメモリorゼロレイテンシーストリーミング、SE系はメモリ、VOICE系はストリーミングを選ぶとよい。エンコーディングタイプはデフォルトのHCAで問題なし。エンコード品質はデフォルトで高めだが、音を聞きながら低品質くらいまで下げても良い場合が多い。

ストリーミング再生の設定

ストレージからのストリーミング再生を行うかどうかの設定をします。
メモリ再生は音声データをメモリ上に置いて再生を行うため、扱う音が増えるほど使用メモリ量がかさみます。使用量を抑えるために、BGMや長尺のセリフなどは、ストリーミング再生にする場合が多いです。
詳細はこちら メモリ再生とストリーム再生

ツリーの親側の設定を無視して、個別の設定も可能。音質を下げても良い素材の圧縮率を上げ、総容量を減らす際に有効です。

関連記事

ゲームで用いる圧縮音声データの音質について
音質を犠牲にしてもデータを小さくしたい
ゲームに適した音声コーデックの選び方
メモリ再生とストリーム再生

入門編.03 / ボリュームの設定
入門編.01 / 音データの登録、ツール上での再生
目次に戻る


kawaguchi

Twitter @CRI_kawaguchi Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です