【CRI ADX2】McDSPのプラグインの提供を開始しました


ADX2をお使いのみなさんにお知らせです、

音楽制作の現場では昔から馴染みのある、McDSPシリーズのプラグインが、ゲーム向けのオーディオミドルウェア、CRI ADX2上で使えるようになりました!このプラグインを使うことで何ができるのか、以下にて解説いたします!


対応機種

PS4、XboxOne、Nintendo Switch、PCおよびスマートフォンに対応しております。


各プラグイン

4つのプラグインを提供しております。


ML4000 ML1

・これを使っておけば音割れの心配なし!
大量のSEやセリフ、BGMが鳴ると音割れしてしまうなど、音が汚くなりがちです。ML4000は全体のバランスを取り、音割れを防ぎつつ大きな音を鳴らすことが可能です。

プラグインを用いたビフォーアフターはこちら

ML4000 ML1紹介ページ (McDSP)


AE600 Active EQ

・どんな時にも、特定の音をバッチリ聞かせる!
ピーキーな効果音を鳴らす際などに特定の周波数を削り、サウンドのバランスを壊さずに聞かせたい音を浮かび上がらせます。通常のダッキングの手段よりも繊細に、よりピンポイントに効果を出すことが可能です。
試聴データを準備中です。
AE600 Active EQ紹介ページ (McDSP)


FutzBox

・テレビや電話越しの音質を手軽に再現!
セリフやSEを通信機越しの音質に加工します。リアルタイムに処理を行うため、ゲームシーンにあわせてオンオフを切り替える使い方が可能です。プリセットを豊富に用意し、手軽に音の雰囲気を変えることができます。
試聴データを準備中です。
FutzBox紹介ページ (McDSP)


SA2 Dialog Processor

・ゲーム内の音声データを聞き取りやすくします!
収録した音声データを「ゲームに組み込む前に下加工」する際に役に立ちます。様々な加工方法がありますが、特に「音声データを聞き取りやすくする」ことに効果を発揮します。SA2には音声加工に必要な機能が揃っています!
試聴データを準備中です。
SA2 Dialog Processor紹介ページ (McDSP)


評価版について

無償評価版を1か月間お使いいただけます。ADX2のSDKを取得いただき、以下のディレクトリ内からお試しください。Mac版はインストールファイルと同フォルダに存在します。

windows版
Downloadフォルダ/cri/expansion/cri_audio_effect_McDSP

Mac版
cri_adx2_tools/McDSPExpansion.pkg


料金体系

評価を経て、ゲームタイトルにてお使いいただける際にはタイトルごとにライセンス契約を締結させていただきます。


ライセンス許諾料
1機種目 30万円(税別)/タイトル
2機種目以降 15万円(税別)/タイトル