ワークユニットをマージする


複数のプロジェクトでそれぞれ作られたワークユニットがあったとします。

1つのプロジェクトにワークユニットを配置する

移動先のプロジェクトをCRI Atom Craftで開き、

元のプロジェクトの(エクスプローラ/Finder上)のWorkUnitsフォルダ内にある
ワークユニットフォルダを
CRI Atom Craftのツリー上の「ワークユニットフォルダ」へドロップします。

(Ver.3の場合は、移動先のプロジェクトの(エクスプローラ/Finder上)のWorkUnitsフォルダへコピーし、「未登録ワークユニットの登録」で認識させます。)

ワークユニットを2つ開く

ワークユニットがもし編集対象に含まれていない場合、アイコンがグレーになっているので、
右クリックメニューから「ワークユニットを編集対象に含める」を選択し、編集対象にします。

ワークユニット間でキューシートを移動する

CRI Atom Craftのツリー上のワークユニット内のキューシートをドラッグ&ドロップして、移動すると複製されます。

この時、参照するマテリアル及びマテリアル情報は移動しないため、参照マテリアルを移動しておきます。

マテリアルの移動方法

マテリアルは、右クリックで「エクスプローラで開く…」または「Finderで開く…」とすると、参照しているファイルがあります。
このフォルダ単位で移動するのが楽です。

まず、フォルダごと移動先のワークユニットのMaterialsフォルダにエクスプローラ上でコピーします。
この時、Materialsからのパスがずれないように注意します。

未登録ファイルの登録

コピーしただけでは、CRI Atom Craftが認識していないため、CRI Atom Craftのツリー上のマテリアルルートフォルダを右クリックし、「未登録ファイルの登録」を選択し、Craftに認識させます。

マテリアル情報の移動

元のマテリアルフォルダを右クリックし、「マテリアル情報CSVファイルのエクスポート」し、エンコード設定などの情報をCSV化します。

移動先のマテリアルフォルダを右クリックし、「マテリアル情報CSVファイルのインポート」します。


ちゃ〜り〜

ちゃ~り~田中(tatmos a.k.a. charytanaka) 興味あるもの、ゲームジャム、サウンドプログラム、リアクティブな音やアートやシステム、楽器、作編曲、音制作、ボカロ、ファミコンやFM音源、MML、レトロゲーム、音声合成、CRI ADX2、LogicPro、Unity、MIDI、Max7、MikuMikuDance、TouchDesigner、JUCE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です