2017年、各アワード受賞ゲームタイトルでCRIWAREが多く使われました!


2017年も師走に入り、1年を振り返る時期になってきました。

ゲームやアプリも色々な作品が話題となった1年でしたが、例えばGoogle Playでは「BEST OF 2017」と題し、ユーザー投票で優秀作品を選んでいます。

上位5作品が以下になりますが、これら全てにCRIWAREが採用されており、他のノミネート作品にても、大部分においてCRIWAREを使用しているゲームが選出されました。

ゲーム開発向けにオーディオ、ムービーのミドルウェアを提供する身として、ユーザー高評価の一旦を担えたのではないかと、嬉しい思いです、、、!

各タイトル、リリース時に当社事例ページにても紹介しておりますが改めて以下に列記してみます。


2017年のユーザー投票部門アプリ・ゲームの最優秀賞

■バンドリ!ガールズバンドパーティ!

■A3!

■アイドルマスターミリオンライブ!シアターデイズ

■アズールレーン

■みんゴル

 

楽曲や効果音にこだわった作品、非常に多くのセリフを内包する作品が昨今多く、ミドルウェアを活用いただくシーンが増えてきたのだろうな、と受賞ラインナップを見ながら感じました、

どのように活用したのか?は触れると長いので別の機会にて!


また先月末になりますが、PlayStationアワードにてPlayStation向けの2017年タイトルの表彰も行われています。

その詳細は専用サイトにてご覧いただくとして、受賞タイトルの中でCRIWAREを採用いただいたゲームは以下になります!
多くのゲーム作品でお使いいただけたことに、感謝です!

■FINAL FANTASY XV
Platinum Prize、ユーザーズチョイス賞

■ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて
Platinum Prize、ユーザーズチョイス賞

■龍が如く6 命の詩。
Gold Prize

■NieR:Automata
Gold Prize、ユーザーズチョイス賞

■ファンタシースターオンライン2
PlayStation™Network Award

■ペルソナ5
ユーザーズチョイス賞

また来年のこの時期にも、2018年を振り返って良いご報告ができるよう
CRIWAREも頑張っていこうと思います!


kawaguchi

Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です