音質を犠牲にしてもデータを小さくしたい


手段

・適したコーデックを探す
・圧縮率を上げる
・モノラルにする
・サンプリングレートを下げる
・量子化ビット数を減らす?

コーデックの比較は長くなるのでまた改めてやるよ!
ここではコーデックを選び、設定できる限りの最高圧縮にして、さらにデータを小さくしたい人のために限界を模索、提案します。

モノラルにする

曲のデータもモノラルにしちゃいましょう。データ量いきなり50%カットです!!やったぜ!!
もし音に広がり感が欲しければ再生時にエフェクトを掛け、疑似ステレオ化するという手段もあります。
ただし、ステレオ向けに作られた楽曲をモノラル向けにミキシング(調整)し直すのはほぼ作り直しという事を忘れないでください。そして今どきモノラル楽曲を作ることは稀で割と特殊スキルなため、苦手な人も多いと思います。データ削減効果は抜群ですが、作曲者とよく相談してからご検討くださいませ。

サンプリングレートを下げる

BGMを22kHzまで下げているケースもあります。
これ以上下げるとさすがに苦しい気がしますが、ゲーム中にSEやらボイスやらがそこそこ賑やかに鳴っていると、BGMの音質があまり気にならないという効果もあります。

量子化ビット数を減らす…?

音色によっては8bitに下げたりしても、聴感上あまり雰囲気が変わらない場合もあります…が!
エンコード時にビット深度は関係なくなるのでエンコード後のデータサイズは(ほぼ)変わりません。弊社の独自コーデック、HCAの場合はサイズは同じで音が悪くなるだけなのでお気をつけください。
川口は知りませんが、効果があるコーデックとかあるのかな…?

以上、とにかく音データのサイズを小さくしたい人向けの情報でした!
次回はコーデックについて…比較データ作るのが割とたいへん…。


kawaguchi

Sound / Haptic / UX Designer @ CRI Middleware. / 音響周り全般と触覚、UXを担当。VRの立体音響も。 ゲーム制作現場の要望をミドルウェア開発チームに届けて、より素敵なコンテンツが生まれやすい未来を作るのが仕事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です