ADX2 LEから有料ライセンスへの移行ガイド


いつもADX2 LEをご利用いただきありがとうございます。

さて無料でお使いいただけるADX2 LEですが。
ADX2 LEを使用したコンテンツ配信には少し制限があります。

  • 前年度年商が1,000万円以下の会社、または団体・個人であること
  • コンテンツの配信元が自身であること(販売権を自身で持っていること)
  • コンテンツの売上が1,000万円以内であること

上記に加えてADX2 LEの対応ターゲットプラットフォームは Windows, macOS, iOS, Android のみとなっています。

制作とリリースを行っていくうちに、この条件から外れるユーザーの方もいるかもしれません。
思ったより売れちゃった!とか、ゲーム機に移植してみたい!とか。

そんなユーザーさん向けにケースと移行プランをまとめました。ぜひぜひご一読くださいm(_ _)m

1. ゲーム専用機でリリースを予定の方

「ダウンロード専売タイトル向け低料金プラン」をご検討ください。
※Sofdec2やファイルマジックPROもご使用いただけます。

法人格を持たないクリエイターの方がゲーム機向けに展開される場合、間にパブリッシャーが入る事がほとんどかと思われますが、その際の有料ライセンスはパブリッシャー様との契約になります。

ターゲットプラットフォーム

  • Nintendo Switch™
  • PlayStation®4
  • PlayStation®Vita

ライセンス料

売上(ストア手数料を引いた額)の0.95%

2. PC/Mac向けのストア(Steam等)にゲームを出していて売上が1000万円を超えた方

「CRI ADX2 Unity Plugin/AssetStore」をご購入ください。
こちらは売上による制限がありません。

ターゲットプラットフォーム

  • Windows
  • macOS

ライセンス料

価格は買い切りで$99/seatです。

3. スマートフォン向けのストアにゲームを出していて売上が1000万円を超えた方

「F2P(基本無料・アイテム課金)タイトル向けプラン」をご検討ください。
※Sofdec2やファイルマジックPROもご使用いただけます。

ターゲットプラットフォーム

  • iOS
  • Android
  • Webブラウザ

ライセンス料

売上に応じて変化します。詳細は以下。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です