【スマホ・PC両対応】ブラウザゲームでもCRIWARE!ADX2 for HTML5のご紹介


本日、ブラウザゲーム向けサウンドミドルウェア「ADX2 for HTML5」の製品ページをオープンしました!

実はおととしに製品発表をしていたのですが、ここ最近のブラウザゲームへの流れをさらに推し進めるべく、製品ページオープンとなりました。

この記事では特に重要なエッセンスをご紹介します!

手間のかかる演出を簡単に実現

あれこれご説明する前にデモを見ていただくとメリットがわかりやすいかと思います!

ゲーム風デモ RingoAttack!

遊び方:時間が経つと右下に表示されているパワーが溜まってゆき、左下の3種のアイコンをクリックする事でパワーを消費し味方キャラクターを召喚する事ができます。しばらくすると出てくるボスドラゴンを倒そう!

このゲーム内で起こるサウンド演出のコントロールは全て、ADX2の専用ツール側で作っています!

サウンドデザイナーが望む、細かな調整をツールだけで作りプレビューもできるので、プログラマーに手間をかけることなく、演出を作り込むことができます。とても効率的ですね!

■デモで使われている演出
– インタラクティブサウンド:敵陣に攻め込むと変化するBGM、ポーズ時の音変化
– ダッキング:ボス登場時の警告音
– ランダム再生:攻撃SEやキャラ召喚サウンド

さらに詳細なサウンドの変化を試してみたい方へ、記事の最後にもう1つデモを用意していますので、ぜひ触ってみてください。

スマホブラウザもサポート

ADX2は幅広いプレイ環境に対応しています。PCはもちろん、スマートフォンブラウザでも動作します! シェアランキング上位のブラウザにはすべて対応済みです。

Chrome / Firefox / Safari / Microsoft Edge / Internet Explorer 11 に対応済

こちらでは本当にさわりの部分しかご紹介できていませんので、導入をご検討の方、もっと詳しく知りたい方は製品ページをご覧ください。どんなことができるか、どういう風に楽になるかをご紹介しています。

統合型サウンドミドルウェア「CRI ADX2」 for HTML5

ぜひ覗いてみてくださいね!


サウンド演出視聴デモ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です